銀行融資お断り

茨城県の法人様は銀行融資お断りされても諦めないで下さい!

オススメの金策方法

後払いGOODは新しい金策方法として大注目の金策方法になります。

後払いGOODから後払いで商品を購入してレビューを書いた特典として報酬が受けれるサービスです。  

レビュー内容も簡単で数文字程度を書いて投稿するだけです。
ブラックの方でも利用でき購入した商品代金を最長31日後まで延ばす事が可能です。

ブラックokの後払いGOODは最短30分で振込みも可能ですので急な出費のときも力になってくれるでしょう。

下記より本文です

肝心な時に役立たないのが銀行です

茨城県で会社を経営しており、運転資金に困り以前からお付き合いがある茨城県の銀行に融資を希望したがお断りされた経営者の方は多いのではないでしょうか。

銀行は経営が順調な時は積極的に融資してくれるが経営不振に陥ると手の平を返したように態度を変え守りに徹します。

そうそれが茨城県の銀行なのです。運転資金が必要だから銀行に頼んでいるのに銀行は「数字のみ判断」「リスクを負いたくない」などの理由で銀行の審査基準は表面(数字)しか見ておらず肝心な時に役立たないのが茨城県の銀行です。

銀行は使い物にならない!

このように感じられた法人様は多いと思います。事業資金が入用だから茨城県の銀行にお願いしているのに肝心な時には助けてくれない、悲しいですがこれが銀行です。

また、銀行融資実行まで時間を要してしまいます。資金化までに2週間~3週間と日数が必要で即日や急に資金が入用に対応できないのが銀行です。

茨城県の銀行に借りれない理由として

「赤字決算」「税金滞納」「リスケ中」「民事再生中」が上げられます。

融資を断られたら別の資金調達方法を探さないといけません。

では銀行融資をお断りされた法人様はどのようにして資金調達をしているのでしょうか。

それはファクタリングです。

ファクタリングは即日に資金調達可能で少額の資金30万から大口資金なら1億円まで即日に資金を調達できるサービスです。

茨城県の法人様はファクタリングという言葉を初めて聞かれたと思います。ファクタリングとは「売掛債権」をファクタリング会社が早期に売掛債権を現金化してくれる手法です。

取引先に納品をしたが、支払日まで来ていない「売掛債権」を期日前に売却し早期に現金化できるのがファクタリングです。

ファクタリングは早期に現金化してくれるだけではなく銀行融資をお断りされた法人様も利用でき下記に該当される法人様でも現金化可能です。

赤字決算
税金滞納
開業まもない
リスケ中
ビジネスローンお断られ

上記に該当する法人様は銀行やビジネスローンでは審査落ちしてしまいます。

しかし、ファクタリングは資金調達可能なのです。何故かと言うとファクタリングと融資をする金融会社では審査の基準がまったく異なるからです。

ファクタリングの審査は主に取引先(企業)に重点が置かれます。安定した売掛債権があり期日通りに売掛金が支払いされていれば問題ないのです。

法人様(アナタ)にも審査はありますが、ファクタリング会社が重点を置いているのは取引先です。「取引先が売掛金を確実に支払ってくれるのか?」であってアナタの信用力ではないのです。

メリットばかりのファクタリングですが、デメリットもある事を忘れないでください。

ファクタリングのデメリットは?

手数料が高額

早期に現金化するには「手数料」をファクタリング会社に支払いしなくてはいけません。茨城県の経営者様がよく利用されている2社間ファクタリングで例えると手数料は(10%~30%相場)です。

100万円の売掛債権を売却すると会社に入金されるのは70万円~90万円です。差額の10万円~30万円はファクタリング会社の手数料として支払いしないといけません。

銀行融資の金利と比べると高額手数料で年利に換算すると法廷内利息を大幅に超えています。

金利と比べると割高な手数料ですが、期日前の売掛金を早期に現金化できるのはファクタリングだけです。

取引先からの入金を待つタイムラグを解消でき現金化した資金を有効的にお使いできます。

メリットとデメリットの一面を持つファクタリングですが口コミや評判を知りたいですよね。

下記は実際に茨城県の方がファクタリングした体験談になります。実際の体験を見てもらってファクタリングとはどのようなサービスなのか知る事もできますのでご参考にして下さい。

ファクタリング会社
ファクタリング会社
茨城県で建築業を営んでいますが、土木系の仕事を主に行っています。

建設工事の下請け受注の過程で、下請けの中で倒産した会社が現れ、その分こちらに追加の仕事が回ってきたのですが、車両や増員確保が急遽必要になったのです。

どうしても建築業は支払いサイクルが遅い傾向にあり、こうした急遽増員や車両確保が必要になると、給料支払いや車両レンタル等でショートしてしまう状況になります。

茨城の銀行にて融資依頼したのですが、会社の状況から銀行融資を断られてしまい、仕事はある状態なのに売掛金が現金になるまでに半年程かかります。

仕事は数年計画のものですから、何とか受注枠の拡大をしておきたいチャンスであっても、即答で受注できない状況に悩みました。

茨城県内をはじめとして、様々な銀行に融資依頼をしてまわって審査結果を待っている時間的猶予も無く、そこで売掛金を現金化してくれるファクタリングサービスを利用する事に決定した流れです。

抱えていた工事案件自体が着工から係わって受注していましたし、売掛金入金が安定して入ってくる為に信用されやすい土壌はありました。

ファクタリングは手数料を考慮すると割高ではあるものの、人員拡大や今後数年にわたる受注枠拡大等を天秤にかけた時は、リスクよりもメリットが大きいと考えて、サービス利用した結果、資金調達が上手くいったおかげで利益も出せたので助かりました。

仕入れ金額の資金調達さえ可能であれば、売上を見込めるという状況は建築業では多々ありますし、この業界にとってファクタリングサービスは非常に有効な制度と感じます。

最適な資金調達方法が何かを考えて判断する事が重要な業界ですし、ファクタリングも二社間と三社間では手数料が違うので、手数料コストを考えれば迷う経営者も多いです。

元請け会社にファクタリング利用を知られる事で、運転資金が足りないと思われてしまうと、危ないから発注を見送られる可能性もありますから、取引先通知の無い2社間ファクタリングのようなサービスも状況によっては有効と言えます。

手元に即用立てる事が出来るキャッシュが無い経営者は、手数料と利益の天秤を見極めていけば、ファクタリングは有効ですし、借金が出来ない状況の場合はルールを知った上で活用するのは良いでしょう。

20数人規模の体制で仕事を行っていたのですが、ファクタリングのおかげで30人程の体制にして年商レベルをアップ出来る見通しがあります。

 

銀行融資お断りされたならファクタリング

いかがでしたでしょうか。銀行融資をお断りされた法人様は一度ご相談してみてはいかがですか。当サイトが紹介しているファクタリング会社は手数料も良心的なファクタリングです。そして迅速な対応で即日現金化でき即日、急な運転資金の入用にも柔軟に対応してくれます。
確実に資金調達したい法人様は茨城県の方でも融資してくれるビジネスローンと併用してファクタリング会社にも申込みを推奨します。どちらか審査落ちしても残る1社が審査okであれば資金調達可能です。リスクヘッジの為いえ、会社の為にも併用して申込みをオススメします。

オススメの金策方法
ブラックokの後払いGOOD

後払いGOODは新しい金策方法として大注目の金策方法になります。

後払いGOODから後払いで商品を購入してレビューを書いた特典として報酬が受けれるサービスです。レビュー内容も簡単で数文字程度を書いて投稿するだけです。

ブラックの方でも利用でき購入した商品代金を最長31日後まで延ばす事が可能です。ブラックokの後払いGOODは最短30分で振込みも可能ですので急な出費のときも力になってくれるでしょう。

即日
調達額 最大50000円
営業時間 平日はもちろん土曜日も営業
審査 金融事故ブラックの方でもok