ファクタリング

医療ファクタリングとは?

オススメの金策方法

ツール市場は新しい金策方法として大注目の金策方法になります。

ツール市場から後払いで商品を購入してレビューを書いた特典として報酬が受けれるサービスです。  

レビュー内容も簡単で数文字程度を書いて投稿するだけです。
ブラックの方でも利用でき購入した商品代金を最長31日後まで延ばす事が可能です。

ブラックokのツール市場は最短30分で振込みも可能ですので急な出費のときも力になってくれるでしょう。

下記より本文です

売上債権を早い段階で現金化する手法であるファクタリングですが、売上債権の性格によって種類が大きく異なります。

いくつかあるファクタリングの種類のうち、今回は医療ファクタリングについてみていきましょう。

医院などを経営している人にとっては非常に重要な手法かもしれません。メリットも大きいが相応のリスクもあるため、しっかりと理解して使わなければならないでしょう。

売上債権の性格とは

売上債権の性格によってファクタリング種類が異なるといいましたが、果たしてどのような性格が重要なのでしょうか。

ファクタリング会社にとって最も危険なことは、売上債権が回収できなくなることです。つまり、ファクタリング会社にとっての審査に影響を与える条件が売上債権の性格といえます。

例えば、その売上債権先は安定した企業であるのかどうか、売上債権先の企業が国内の企業なのか海外の企業なのか、またその売上債権の支払い期間の長さはどのくらいなのか、といった条件はまさにこれに当たります。

今回ご紹介する医療ファクタリングは、その売上債権の性格上、医療機関でしかほとんど利用できないファクタリングとなっているのです。

医療ファクタリングで利用できる売上債権について

医療ファクタリングで利用できる売上債権とは、医療報酬債権のことを指しています。これは、患者に対して行った医療行為に対する料金を患者から直接受け取るのではなく、国民保険や社会保険などの公的機関から受け取るという債権です。

医者にかかるとき、健康保険証を提示することで、1~3割負担となることは多くの人が知っていることだと思います。この3割負担の後の7割負担はどこから入ってくるのかといえば、これは地方自治体などから受け取れる形になるのです。

その際の受け取りにかかる期間は約2ヶ月。この期間内であれば、医療報酬債権はまさに売上債権であり、ファクタリングに利用できる債権なのです。

医療報酬債権は、請求方法やその期間が統一されており、何よりも国から発行される売上債権なので、多くのファクタリング会社が安心してファクタリングを行える売上債権といえるでしょう。

医療報酬債権には、診察報酬債権・介護報酬債権・調剤報酬債権の3種類がありますが、このすべての医療報酬債権がファクタリング対象として利用することが出来ます。

医療ファクタリングの仕組みとメリット

医療ファクタリングの仕組みについては、一般的には3社間ファクタリングと変わらないと考えて構いません。ファクタリングを行いたい企業、ここでは病院や医院ということになりますが、この病院や医院がファクタリング会社に打診を行います。

そして、ファクタリング会社から資金を受け取ります。このとき、しっかり書類を提出すれば、ファクタリング会社はその医療報酬債権を国民保険や社会保険から受け取ることが出来ます。病院や医院を介することなくお金を受け取れる、リスクの低いファクタリングとなるのです。

結果として、医療ファクタリングは、手数料が非常に低く設定されているため、利用している側としてもメリットの大きな仕組みといえるでしょう。また、ファクタリング会社としては、国民保険や社会保険という、まず回収できないことはない売上債権ですので、審査機関も非常に短いです。場合によっては、打診したその日に現金化することも夢ではありません。医療ファクタリングは、医療機関の経営者にとって強い味方といえるでしょう。

医療ファクタリングを利用した実例

医院や病院、あるいは介護施設などの医療債権報酬が発生する事業の特徴として、安定性が望める一方で、給料の支払いなど出ていくお金のほうが速く、入ってくるお金が50日ほど遅れるという点で、キャッシュフローに不安があるという問題があります。黒字倒産などの出来事が多いのもこの業界の特徴といえるでしょう。

ここでは、実際に医療ファクタリングを利用した事業者の事例を見ていくことで、そのやり取りや苦悩を確認していきます。

今回は介護事業を経営している、20人ほどの介護士を雇っている老人ホームを見ていきます。ファクタリングを利用するきっかけとなったのは、銀行融資の打ち切りでした。銀行融資は審査段階で非常に厳しく、特に税金の未納分や雇用者の社会保障の支払い遅れなども原因となります。

今回は、税金の未納分が問題視され、資金調達が難しい状態となってしまいました。そこで、手数料が1~5%と低く設定されている医療ファクタリングに目を付けたのです。医療報酬債権は極めて安定的な債権であり、ファクタリング会社の審査も非常に早く打診後3日で現金化に成功。

また、税金の未納分については税務署に分割による納付が認められたため、スムーズな動きとなりました。結果的に資金ショートから逃れることに成功し、また税金の未納分が解決したため、再び銀行融資が受けられたといいます。

医療ファクタリングを利用する上で必ず注意しなければならないこと

医療ファクタリングは手数料も低く設定されており、現金化までの期間も非常に早く使いやすファクタリングであることは間違いありません。

しかし、忘れてはならない点があります。まずひとつは、医療関係業界の売り上げの特徴です。つまり、今までの売り上げが爆発的に大きくなるということはあまり考えられないということです。ファクタリングとは基本的に将来的な売り上げの先食いにほかなりません。

そのため、確かに1~5%の手数料ということでもしかしたら銀行融資よりも利率が低い可能性もありますが、それでも将来手に入るお金が目減りしているといえます。

しかし、売り上げが大きく回復するということは業界構造上なかなか難しい。つまり、一度ファクタリングを行ってしまうと、抜本的な改革案や資金復帰のスケジュールにしっかりと目途が付いていない場合、復活するのが非常に難しくなるといえるのです。

安定した業界は確かに収益も安定しているため、緩やかな右肩上がりとなっている場合はストレスもなく非常に経営が楽といえます。

しかし、一度右肩下がりになるとなかなか右肩上がりに戻すのが難しい業界でもあるのです。ぜひ、こうした注意点に気を付けながら医療ファクタリングを利用してみてください。

医療ファクタリングまとめ

医療ファクタリングの特徴や注意点についてみてきました。ファクタリングには、国際ファクタリングや保証ファクタリングなど様々な種類がありますが、その中でも医療ファクタリングは利用者も限られてくる非常に特殊なファクタリングです。

しかし、その特殊性ゆえに利用もしやすく落とし穴も大きいという特徴を持ち合わせています。ぜひ、そのメリットとリスクを天秤にかけて慎重に利用してみてください。

オススメの金策方法
ブラックokのツール市場

ツール市場は新しい金策方法として大注目の金策方法になります。

ツール市場から後払いで商品を購入してレビューを書いた特典として報酬が受けれるサービスです。レビュー内容も簡単で数文字程度を書いて投稿するだけです。

ブラックの方でも利用でき購入した商品代金を最長31日後まで延ばす事が可能です。ブラックokのツール市場は最短30分で振込みも可能ですので急な出費のときも力になってくれるでしょう。

即日
調達額 最大50000円
営業時間 平日はもちろん土曜日も営業
審査 金融事故ブラックの方でもok